スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北丹沢反省

最初の分岐 0時間24分 173(0時間24分   ?)  
立石建設  1時間07分 176(1時間06分 175)
鐘撞山   1時間31分 178(1時間29分 177)
県境尾根分岐1時間59分 179(1時間55分 174)
第1関門  2時間23分 165(2時間14分 174)
犬越トンネル3時間01分 172(2時間48分 175)
第2関門  3時間44分 153(3時間22分 172)
風巻の頭  4時間30分 151(4時間01分 169)
姫次    5時間11分 159(4時間40分 166)
平丸分岐  5時間36分 150(5時間14分 162)
ゴール   6時間09分 143(5時間28分 167)
 数値は心拍数、( )は昨年

 目標タイム5時間10分切り、年代別入賞を目指して走ったが、自ら設定したタイムが厳しすぎて、コンディションが十分ではなかったなか、気持ちがきれてしまって自爆してしまった。
この日は、涼しく感じたのだが、蒸し暑く、さらに前夜までの降雨が影響して泥濘が多かったことから、昨年の入賞タイムが5時間11分から5時間34分まで下がっていた。
つまり、設定した5時間08分は、この日のコンディションでは実力以上のタイムであり、昨年並みのタイムでよかったのだが、目標に全然達せず、昨年のタイムにも届かないと焦り、遅れ始めた中盤で気持ちがきれてしまった。
 更に、前日、釣りにいってしまい、途中で気分が悪くなったときのいいわけ(釣りで疲れているからしかない)に使ってしまった。
 やはり、ある程度のタイムを出そうとするならば、限界近くで走ることとなり、ちょっとしたコンディションの低下や、気持ちの持ちようで、大きな差がでることが身にしみてわかった。レースは気持ちで押していくもの。途中で切れるような軟弱なことではどうしようもない。


【スタートまで】
 5時頃に会場に到着したのだが、国道から下の駐車場は既に満杯。国道より上の青根小学校に誘導されるが、もたもたしているうちにそこも満杯。さらに離れた中学校に車を入れる。5時15分頃になると、駐車場まちの車で周辺道路が埋まっていた。あと少し遅かったら危なかった。
 車で着替えて、アップがてら走って会場へ。受付をして荷物を預けたら5時50分。慌てて既に並びはじめているスタート地点へいき、なんとか前の方を確保。バタバタである。

【スタート~第1関門】
6時半にスタート。最初はロードの登りだが、昨年よりは楽に走れている。適当に押さえて、最初の分岐(ピーク)には昨年と同じタイムで、40位とのことだった。
 下って、再びロードに出る。ここでも押さえ気味にいくが、登りではやはり心拍数があがる。昨年より楽な感覚だった。立石建設で冷水をのみ、トレイルへ。
 鐘撞山への登りはどうしても心拍があがる。押さえようとしているのだが、1時間経過するとやはり体が温まってくるのでどうしてもペースがあがりそうになる。
押さえるつもりで上っていく。鐘撞山では昨年より2分遅い。あれっとちょっと思う。
 昨年はそれほど苦しく感じなかった登りだが、ちょっときつく感じる。おかしいな。
今年の計画は、前半おさえて(昨年と同じタイムで第1関門まで)いきたいのだが、ペースがあがらない。ちょっとあせってしまう。
 県境尾根分岐で昨年より4分遅れ。レース後確認すると、昨年より心拍数が5拍もあがっている。焦って上っていたようだ。
下りはどろどろのため、滑りそうで怖い。スピードダウン。しかし、他の選手はばんばんいっている。ペースダウン。ここでも昨年より下りだけでも4分落としている。
 第1関門には、2時間23分。昨年より9分遅れ。非常に焦る。昨年よりトレーニングを重ねてきたのにその成果がでていない。これは、今考えると当日のコンディションによるものだと思うのだが、レース中はそれほど暑さを感じず、むしろ昨年より涼しいと感じていた。コースは確かにどろどろではあるが、大きくタイムを下げる要因とまでは感じられず、入賞タイムは当然、昨年より縮まると考えていた。

【第1~第2関門】
 第1関門で冷たい冷水を浴びて飲んだらちょっと気合いが戻る。薄い登りは走っていき、何人か抜く。しかし、ガレ場の登りに入ったところで、心拍数が上がりすぎ。とたんに気分が悪くなる。再びペースダウン。やはり、前日の釣りが良くなかったか。土曜日は1時起きで釣りにいき、昼寝を2時間だけ。21時には寝たのだが、レース前の興奮でよく寝られず、3時起き。この寝不足が原因だ。
 これからは絶対レース前に釣りにいくのはやめよう。今考えるとこれは、苦しくなったときのいいわけである。原因を探して我慢することを回避して逃げているのである。
そのように逃げる原因があること自体も問題だろう。
登りが終わり、犬越路トンネルの出口で3時間01分。13分遅れ。今考えると、昨年は、姫次の登りで痙攣に苦しみやや遅かったことを考えれば、ここで踏ん張れば、まだ挽回できたはず。
 しかし、レース中は、到底入賞やベストタイムが出ると考えられず、1年間の成果がでなかったのいじけた状態。林道に入ったところで、左足が痙攣。昨年より遅いタイムで、昨年より早い段階で痙攣が出たことで、完全に気持ちがきれてしまった。
昨年は、不得意ながら粘った林道、今年は気持ちがきれてとぼとぼいく。ばんばん抜かれる。心拍数も昨年より20拍落とす。ツーリングだ。
第2関門は3時間44分、昨年比22分遅れ。

【第2関門~ゴールまで】
 第2関門では給水。気持ちがきれて、予定のベスパ投入もせず。
 登りに入ったところで、両足が痙攣。これは昨年も同じ場所で同じ箇所がなった。ロードを走ったあとの急登だと必ずなるようだ。
 昨年よりは足は楽なはずだが、ペースはあがらず。昨年は痙攣した足を抱えつつもある程度のペースを気合いで維持。ここでも昨年より20拍低い。得意の登りでもだめ。
 風巻の頭を過ぎたとこで、少しペースアップ。ハセツネのためにも少し練習しようと考えた。登りきって薄い登りのところは走る。ペースアップにより抜き基調。何人か抜く。
 5時間11分で姫次着。ここから、下り基調で昨年50分なので、足が残っているはずの今年はもう少しはやくいけるのではないか。せめて6時間切りを目指して走ってみるが、やはり足が痙攣。昨年は、それでも走るのをやめず、完全に痙攣まではいかなかったが、今年はその精神力も低下しているようだ。しばらくして痙攣でストップ。やはりだめ。
 下りで転倒して、ねんざでもした踏んだり蹴ったりなので、慎重にいくことにする。
心拍数は下がりっぱなし。後ろからくるランナーにはどんどん道を譲る。抜かれっぱなし。相当遅いようだ。
痙攣で時折立ち止まりながら、タンタンと降りていく。昨年は気合いをかました残り3キロポイントもタンタンと通過。
降りてくると太陽がかんかん照り。相当暑いなこりゃ。
最後のスパートもせず、6時間09分でゴール。

半分くらいは試走モード。このようなレースは二度とやってはいけない
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。