スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセツネ試走 スズメバチアタック!!

土曜日は奥さんの発表会だったので日曜日でようと思ったが、風の予報で断念。
8時まで14m吹いていたが9時過ぎには凪いだようだ。東側ならいけたが、こんな天気は予想できないので仕方ない。

ということで、年間の総決算のメインレースである10月のハセツネの試走をしてきた。

6時半の始発で藤倉までいき、そこから風張峠にあがった。
トレイルランナーがわんさかいるかと思ったが、藤倉でおりたのは2名だけでした。

7時半にスタート。登山道でいけるはずなのだが藪がひどくてよくわからない。何度が道をロストしてしまう。余計な時間がかかるので舗装の林道にでて、さくっとあがる。9時に風張峠。ハセツネのコースにインする。

CP2からはタイムを計測。
御前山までは昨年のレースタイムは50分だったが、ゆっくり走って45分。快調である。

ここからが問題だった。
おおだわに降りるには避難小屋の前は通らないのだが、地図をみるとあたかも前を通過しているように見えたため、分岐を左折してしまった。
(あとでみると、分岐の道標がおおだわの表示がとれてなくなっていた。)

避難小屋を通過して降りていくと、どうも違うような気がする。
奥多摩駅の表示がでてくる。15分ほどおりたが、再度避難小屋に引き返す。
避難小屋にも大きなコース図があるが、避難小屋の前を通っているようにかかれており、間違いないと確認する。

そのとき、突然大きな羽音がして、後頭部に激痛が、さらに右太ももにも痛みが走る。
スズメバチだ!
足のスズメバチは振り払ったようだが、頭のスズメバチがなかなか離れない。帽子ではたきつつ、とにかく離れる。

なんとか振り切ったが、とても痛い。
アシナガバチにはさされたことがあるが、スズメバチの比ではない。
オニカサゴよりも痛い。

オークレーのサングラスを落としていることに気付く。
頭をはたいたときに落ちてしまったようだ。
1万円もするので廃棄するわけにはいかないので、現場に戻る。
よくみるとスズメバチがうろうろしている。

気合をこめて、コースに進入。幸いすぐに見つかり、回収できた。

再度、下っていくがどうも様子が変。いつもは夜走っているので感覚が違うのかとおもって降りていくが、降りきったところで登山客にきくとやはり間違っているとのこと。

おおだわ方面には避難小屋の前は通らないとのこと。

さすがにモチベーションがおちて、もう奥多摩に抜けようかと思うが、
せっかく釣りにもいかずにきたのに、ろくに試走せずに帰るわけにいかない。

再再度上り返し。さらにまたスズメバチがいる場所を通らなければいけない。
1時間くらいで再度避難小屋に戻ってくる。
気合一発で、ダッシュでとおりぬける。

スズメバチは、急な動きがよくないよう。大声とかもよくないらしい。
外敵と認識され、集団で襲ってくると大変なことになるらしい。
あと、黒がだめ。さされた場所も髪の毛の部分と、黒のスパッツ。
これからはユニフォームは白のヤングマンパンツにしよう。

えらく余分な時間がかかったが、追加のトレーニングができたということでよしとしよう。

やはり明るいところで走るといろいろとイメージできていい。
大岳の直登もかなり短い。夜だと長く感じるが実はほんのちょっと。
おおだわにでるときに短いが2箇所ののぼりがあることも再度認識。

結局、当初の予定を大幅にオーバーして7時間近くもかかってしまった。
ナイスランである。

スズメバチは余計だったが、ペースとコースの確認ができてよかった。
できれば、あと1回、スタートからCP2まで走りたいところだ。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。