スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマアジ 5.5キロ

19日から20日で合宿。はまちゃんとスギタニさんと出航。

べたなぎの中、まずはいつもの場所でなく、○室だしへ。
反応のいいなか、まずはスギタニさんの竿が入り5.5キロのマダイ。

なぎだが潮が早く、高低のある根は攻めにくい。
高めのタナをとる。

はまちゃんの竿が入る。
新しく購入した1000プレイズのテストとかいって電動でゴリゴリまいている。
結構いいひきだなと見ていると、魚が見えるとシマアジ。
とたんに慎重になり、とりこみ。
口一枚でかかっていたのは5.5キロのシマアジ。

続いて、スギタニさんにも3キロのシマアジ。
はまちゃんに4キロのマダイ。

ここからはまちゃんの独り舞台。
毎回、おもしろいように竿が入る。

一回はさきほどより小型といいつつつシマアジらしき魚をばらし。
その後、3キロのマダイ2連発。

最後に先ほどより大きそうなシマアジをかける。
50メートルからぜんぜんあがってこない。
しばらくして口切れでばらし。残念。

一時間ちょっとの間で、型のそろったシマアジ、マダイが連発。
すごいなあ、と思ったがその後沈黙。
特にこの入れ食いのとき、私の竿は沈黙。
はまちゃんとまったく同じタイミング、タナ、しかけでやったにもかかわらず、ぜんぜんだめだった。

潮のながれが変わったようで、食わないというか斜面を横に流せなくなり、あたりがとまる。
反応は大型魚も含めてあるのだが、流れが速く攻めきれない。
ここはやはりジグが有利か。

100メートル立ちにいってオナガを狙ってみる。
ここも潮が早く、100号ビシでは攻めきれない。
ハチビキなどがでたが、早々に退散。

300から450メートルで根魚をやってみるが、まったくだめ。
何もつれず。

夕方野増港にいれたが、思いのほか混んでおり、つけるのに苦労した。

いつもの宿といつものすし屋で夕食。
クサヤピザをたべつつ、ビールを飲んだ。

やはり泊まりはいいなあ。

20日は、夜明けとともにでて昨日の場所へ。
しかし、川のような流れで釣りにならず。
反応は高いのだが残念。

いつもの場所へ。
しかし、8月からいついているサメがまだいる。
サメがいないところに魚はおらず、魚がいる場所にはサメがいる。
なんどもやられる。

スギタニさんは合間をくぐってマダイを連釣。
一度はあやうく食われそうになるが、歯型つきのマダイをあげる。

どうにもならないので、100メートルでキダイつり。
ぽつぽつしかあがらない。

最後は、250メートルでカサゴ狙い。
4キロくらいのメダイが2枚あがり、終了。

2日間なぎ続きで楽しめたかな。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。