スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 飛騨高山ウルトラマラソン

国内屈指のハードコース高山でガツンといきました。
 久々にガツンとくるレースができて大変満足。


1高山ウルトラマラソン

 10キロ 0:53:12
 20キロ 1:45:36
 30キロ 2:44:13
 40キロ 3:37:37
 50キロ 4:29:23
 60キロ 5:26:27
 80キロ 7:34:09
 90キロ 8:42:43
 ゴール 9:38:36

 スタートは朝霧さんと並ぶ。
 気温もちょうどいい感じ。

 スタート直後の古い町並みのコースはすばらしかった。
 能登では、順位を狙って、最初の入りを4分30秒とフルマラソンをやって
 しまい、その後撃沈したので今日は慎重に。

 でも上り下りがあってなかなか安定せず。
 朝霧さんとは、上りで抜かされ、下りで当方が抜き返す展開。

 今日は心拍数の制限を160としているので上りは封印。
 下りはいつものとおり自然落下にまかせる。

 うわさにたがわず上り坂がでてくるが、当方は基本的に坂がすき。
 かなりいい感じですすむ。

 フルマラソンの通過は3時間48分。
 なんとこの間ペース走もどきの和倉より早い。
 しかも、体はほとんど疲労を感じていない。

 しかし、下りでいきすぎたか、55キロで左足が早くも痙攣。
 先が長いのに赤信号。

 100キロの周回コースへ。
 太陽がのぼるとかなり気温があがってくるが、好調のときはそれほど感じない。
 しかし、足がしょぼく、定期的に痙攣する。
 このため、きつい坂道で踏ん張ると痙攣するのでランアンドウォーク。
 ウォークといっても、当方はトレイルランナー。トレイルの上りのつもりで
 気合をいれる。

 70キロ地点で、とうとう両足が痙攣。動けず。
 いつもならここで心が折れてしまうのだが、今日は違う。
 まだまだサブ10を十分に狙える。
 筋肉を動かすのは精神力だ。
 久しぶりに強い精神力を発揮。
 固まったまま強引に走れば、猛烈に痛かったけど、徐々にほぐれてくるでは
 ないか。精神が肉体に勝った。

 その後もたびたび痙攣するが、だんだんコツがわかってきて、ちょっと速度を
 落として耐えていると、直る。この調子。

 専光寺への強烈な坂がでてくる。楽しみにしていたのだが、足がしょぼくて、
 またまたランアンドウォーク。
 案外短くてよかった。

 あとは下り基調。
 90キロでサブ10まで残り1時間18分。さすがにうれしくて大きな気合を
 入れて驚かしてしまった。
 当方気合がはいってくると狂ったようにほえるので要注意だ。

 残りの10キロはキロ5分台でまとめて、ゴール。
 ガツンときた。高山市長とがっちり握手した。

 いやあよかった。
 本当に幸せな一日だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。