FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセツネ試走2回目

9月17日は、つりにいけないのでハセツネ試走。
御前山まで走って、宮が谷戸に降りる計画。
途中で水が補給できないので3Lにゼリーを8時間分もつ

2時に自宅を出発するときから大雨。
大丈夫か。

4時過ぎに武蔵五日市駅の駐車場に車をいれ、4時40分にスタート地点から開始。
雨が降ってまだ暗い。

すぐ明るくなると思って腰ライトだけにしたが、これが失敗。
霧っぽくなっておりよく見えない。
出だしからコースをロストしまくり。
今日はきっちりタイムを計ろうと思ったのに。

さらにあせってしまって心拍数を上げすぎ。
暗くてよく見えなかったが、あかるくなってきたら170を超えている危険信号。

今日は雨で蒸し暑い。最悪の条件。
それでもタンタンといくが、入山峠が1時間と遅い。
醍醐丸2時間10分をオーバー。
1関門は3時間15分くらい。

全然だめなうえ、ハンガーノックの兆候がではじめる。
とにかく力がはいらない。さらに眠くなってくる。
咽喉が渇いてしかたない。
昨年、一昨年とはまってしまったあり地獄のようなハンガーノック。
おちたら最後、這い上がれない。

ハンガーノックと痙攣はセットでくる。
この波がきたら最後である。

まずは思い切ってペースを落とす。心拍数は150以下。
さらに水を思う存分のんで、ゼリーを食べまくり。
もちろん、御前山まではもう無理。2CPを終点に切り替える。

これで、しばらくおとなしくしていたら徐々に回復してきた。
痙攣の波がくるまえに収まったようだ。

西原峠から復活の兆しか。
前をいくトレラングループ体を風のように抜き去る。
これがサブ10のペースか。
西原峠から三頭山までは40分。いい感じ。三頭山の上りはたいしたことがない
のだが、ハンガーノックの一昨年はこんなに長かったかと思った。

鞘口峠の下りはテンポよく降りられる。
登山者に道を譲りながら17分。
そこから2CPはすぐそこ。
ただ、最後の最後で内股が痙攣。2分くらいとまってしまって、鞘口→2cpは35分。

結局、予定した5時間54分には全然とどかず、6時間12分。
でも後半けっこう巻き返したので前半の失敗がなければけっこういけたはず。

女子トップの桜井選手の言葉、「早く走ったから速かったのでなく、うまく走ったから速い」トレイルは、うまく走らないと全然だめ。レース本番にむけていい練習だった。

時間があったので、都民の森にはいかずに、林道をとおって藤倉に降りた。
最後は能登ウルトラいい練習もできてよかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。