FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセツネ 失速

週末は一年に一度のお祭り。

こうしたレースを走れるのも、スタッフの皆様のおかげです。ありがとうございます。また、雨の予報がでるなか、応援いただきました皆様、ありがとうございます。皆様本当にありがとうございました。

しかしながら、結果は2年連続でオーバーペースによる大失速となった。
これまで、初回12時間18分、2回目10時間48分、3回目9時間55分と順調にタイムアップ。

昨年はサブ9.5を狙ったが、気温が非常に高く、序盤でタイムが出ないことにあせってしまい、心拍数180近くで走ってしまったことにより、1CPで大失速。その後はパワーでず、足は攣りまくりでリタイヤを考えたが何とか12時間以上かかって完走。

今年は、この反省を踏まえ、ベストタイムを出した2009年のパターンを忠実に踏襲。09年は1CPまで心拍数170,3CPまで160,ゴールまで150という結果なので、これを守っていくこととする。
心拍数管理を確実に行うため、ハートレートモニターは左右の腕に2個つけて念を入れる。

水も2.2リットル、補給のタイミング、量も09年を踏襲。

雨かと思ったがスタート時は雨がやんでいた。やや気温が高そうな気がするが、問題なさそう。

13時にスタート。ハートレートモニターを見ながら、タイムは気にせず、170となるように走っていく。

今熊神社19分、入山峠51分、醍醐丸2時間3分と、09年と全く同じタイムと心拍数。かなり落として走っている感じで十分な余裕を感じる。
この時点では絶好調、09年より確実にトレーニングしてきているので、09年は落ちてしまったCP3~ゴールまでのタイムは絶対に短縮できると思った。

しかし、2時間半ではやくも右足が痙攣。好調時は痙攣しそうでもちょっとゆるめると収まるのだが、収まらず。いやな感じである。
CP1は3時間3分。1分ほど09年より落とすがほぼ同じタイム。ただ、だんだん腹が減る感覚がしてくる。CP1の登りで両足が激しく痙攣し、ストップ。

その後も回復せず、さらにパワーが出てこない。これは昨年と全く同じ症状であり、オーバーペースによる失速である。

09年よりトレーニングも積んで、体重も軽く、かつ、同程度の負荷(心拍数)で走ってきたのに、このようなことになるのか、全く理解できない。
著しいペースダウン。ハンガーノックは本当に厳しく、さらに痙攣の二重苦である。

これは昨年に経験済みで、昨年はもっとひどかったが、完走できて本当によかったと思った。なので、今年はリタイヤは絶対に考えない。落ち着いて完走することに切り替える。

しかし、体が動かず、全くスピードが出ず、次々抜かれるのは、本当に堪える。心が折れそうになるが、ここは冷静に。
CP1から西原峠まで、予定より20分もオーバー。タイムは気にしないといい聞かせつつもショックは大きい。

三頭山の登りは、体が好調なら全く気にならないのだが、本当にきつい。
ただ、オーバーペースの状態は徐々に改善してくるはずなので、ここを踏ん張ればと我慢する。

オーバーペースとなった場合、とにかくのどが渇く。さらにジェル系の給食がやたらと甘く感じてしまう。同じくスポーツ飲料もものすごく甘みを感じてしまう。
調子がいいと、水2:スポドリ1くらいの割合が一番うまいのだが、これがめちゃめちゃ甘く感じてしまって、飲むとかえって乾きを誘発する。

スローなリズムで動き続ける。心拍数は120くらいに落ちて、ハイキングペースだ。

CP2は6時間38分。ちょうど水がなくなった。水のみを給水してもらい、淡々と出発。雨が降らないことを祈る。

タイムが出せないとなるとハセツネの場合、ものすごくテンションが落ちる。
今回は、レースらしく走ったのは、たったの3時間。その後はとても長い。
09年のときに戻りたい。

御前山や大ダワなど、調子がよければ気合いを入れる箇所も淡々と通過。
はやくゴールについてビールを飲みたい。心拍数は110まで低下。こうなるとだんだん寒くなってくる。

大岳山からの岩場の下りは雨でとても滑りそう。加えて霧でライトが反射してよく見えない。けがをするととてもばかばかしいので超スローで降りる。

3CP手前の水場は今年はあまり勢いがなかった。
3CPは、9時間54分。サブ12くらいはいけそうである。

ハンガーノックの状態は回復してきたが、痙攣が回復せず。
何度かペースアップを試みるが、足がついてこず。
オーバーペースと痙攣はセットでくる。一度陥ってしまうと回復するにはかなりの時間がかかる。

最後の5キロにきて、やっと足が復調してきた。
最後くらいは飛ばそうと、ペースアップ。金比羅尾根の最後の橋では、来年の雪辱を誓う。

ゴールは11時間32分だった。

今回は、事前の計画通り進めたのだが、うまくいかなかった。2年前のデータは役に立たないということか。それより進化していると思ったのだが、もしかして老化の影響か。

とにかく、2年連続でレースにならずに、本当に悔しい。
この悔しさは、まら来年に挑戦してはらすしかない。

さらに、ボートのエンジンがまだ直らない。
いったいいつになったら修理が終わるのか、金額がいくらまでいくのか。
どうも気分がのらないことばかり。底から早く脱出したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。