FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第64回 富士登山競走

22日は富士登山競走。

スタート前にちょっとアップをすると体が重く、息がゼエゼエする。
明らかに調子が悪い。

7時にAブロックからスタート。
出だしのロードはもっとも不得意なところだ。それでもスタート直後なのでパワーがあるので、例年だとペースがあがりすぎるのを抑えるのに苦労するのだが、今年はぜんぜん走れない。

明らかに周りよりペースが激遅い。次々抜かれる。
非常に苦しい。心拍をみると昨年より10ほど低いのだが。体が重すぎる!
今日は涼しく絶好のコンディションなのに。

下を向いてゼエゼエいいながらのぼっていくと、周りにAブロックの選手はひとりもいなくなり、後続スタートのBブロック、さらにはCブロックの選手にも次々抜かれる。全員に抜かれるかと思った。

中の茶屋は38分後半、昨年より4分も遅い。さらにトイレ(小)にもいく。
レースの途中でトイレにいくのは、調子の悪いときの証。

3.5切りどころではなく、テンションが切れそうになるが、なでしこジャパンの澤の同点ゴールを思い浮かべ、あきらめない。

勾配が急になってくると、体も少々落ち着いてきた。
馬返しに1時間3分。昨年より落としているが、ずるずる落ちていないことに一安心。

ここからは、トレイル。ここからだ。
登りのトレイルでペースアップし、抜かれまくった選手を抜き返す。
昨年より心拍で10くらい低く、あげると苦しくなるが、ペースは悪くない。

五合目で1時間53分。ちょっと盛り返してきたか。
登山道の登りも一定ペースであがっていく。次々と抜く。
7合目からの岩場は抜きにくくなるがここは少々体を休める。

8合目、3時間12分。昨年より1分遅いが、だいぶ盛り返してきている。
自己ベストを目標にがんばるが、さすがにペースが落ちてくる。
9合目を過ぎると、かってないほど体がふらふらする。

最後は、自己との戦い。タイムも心拍も見ずにラストスパート(ただもがいているだけ)。

ゴールタイムは、3時間40分29秒。自己ベストも40分も切れず大変残念。

今日の収穫は途中で切れなかったことか。最近はこれがテーマだ。
とにかく体が重すぎ。
レース後、サウナに入ったあと体重を量るとなんと74.5キロ。スタート前はいったい何キロだったんだろう。ちなみに、昨年はスタート前70キロ。

減量しないと結果はでない。これからは禁ビールだと誓いつつ、打ち上げは地元で飲み放題。これではいかん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。