スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東山三十六峰 マウンテンマラソン

12月9日(日)は京都で行われた東山三十六峰マウンテンマラソンに出場。
京都一周トレイルを使った高速トレイルレース。街から山、山から街と変化に富んでいるお気に入りのレースである。

 雪の予報がしばらくでていて心配したが、当日は晴れ、気温が低めならが絶好のコンディション。
 1100人くらいのエントリーだが、今年は時差スタートとなり、これまでのレースタイム順を考慮したスタートとなった。当方は昨年は総合で44位だったので、一番最初のSクラススタートとなった。Sクラスは150人くらいなので、並ぶ必要もなく、スタート5分前までアップできたのでよかった。アップといってもたいしたことないのだが、寒さに震えて立っているより全然いい。

 スタートはクラスの後ろの方からでて、まずはキロ4分20秒くらいでゆっくりと入る。昨年は、一番前から飛び出して4分切りくらいのペースでいったら上がり過ぎてしまったので、今年はゆっくりはいって徐々に上げる。体が少々温まったところで、4分くらいのペースにする。
 最初のロードは5キロくらい。順調に走ってトレイルの登りに取り付く。心拍数も170と予定どおり。登りがやや遅い感じだが、序盤は抑えていくことにする。無理に抜くと心拍がぽーんと上がって下がらないことが多いので無理しない。

 あっという間に登り終了して、ダブルトラックの下りへ。昨年はここで脇腹痛がきたが、今年も同様に脇腹痛がくる。少々落として我慢するがなかなか収まらず。あまりの痛さにこれは盲腸かもしれないと一時停止してしまう。今年のレースはあっけなく終了かと思ったが、内蔵でなく、脇の下腹の筋肉が痙攣していた。なんでこんなところが痙攣と思うが、ペースを落として下っていく。心拍数も150台に落ちる。徐々に回復してくる。我慢我慢。

 12キロの朝鮮学校エイドはボトルをもっているのでスルー。今回の補給は、ボトル300mlとジェル×2。ジェルは1時間半と2時間でとった。補給に関しては30キロレースだし、これくらいで十分だった。

 エイドを抜けると大文字山への登り。徐々に脇腹痛から回復し、ペースを戻す。登りは得意なので抜き基調。エイドでは44位だった順位をどんどんあげていく。今日はパワーは出てくる感じだが、ふくらはぎが少々おかしい。序盤から重くなってきているのが気になる。足が上がらない感じ。

 ちょっと怖いなと思ったら、下りの何でもないところでつま先がひっかかり転倒。結構速度がでていたので勢いあまってコースアウト。斜面であったがなんとか下まで落ちずにすんだ。柔らかい土で石もなかったのでダメージはない。しかし、肩からもろに地面におちてしまった。たまたまラッキーだったのだが、怪我をしてもおかしくない転び方であった。これまでトレイルで転倒はほとんどしないのだが、転ぶときはやはり転んでしまう。

 序盤からアクシデントが続くが、レース続行。転倒直後はやはりびびってしまうが、基本は難度の高くないコース。徐々にペースを戻す。大文字山からは、ハイカーさんも多くなり、多くの声援が後押してくれる。

 第2エイドもスルー。順位は30位。このあたりまでくると、さすがに順位は固定か。同じ人が前後して、トレイルでは当方がまえにでて、ロードで抜かされるような状態。
 昨年は、20キロすぎで既にオーバーペースの影響で空気が薄く感じふらつく感じがしたが、今年は全然楽。ただ、ふくらはぎがどんどん重くなってくる。
 将軍塚への登りは淡々とあがっていくが、昨年はとても長く感じたが今年はあっけなく終わった。

 レースも終盤だが、体は楽なのだが、ふくらはぎが重くて痙攣しそうで速度があまりでない。特にロードはだめで速度がでない。25キロのエイドで水をいっぱい。住宅地を抜ければ最後の登り。
2人にロードで抜かれるが、1人はトレイルの登りで抜き返す。残り3キロからはそろそろとスパートにいれる。心拍数は170前半から170後半へ。しかし、パワーはかけれるが足がついてこない。

 2キロを過ぎればあとは下るだけ。最後の最後で転倒→怪我は避けたいので集中する。前に1人走っているのが見え届きそうなのだが足が回らずもどかしい。
 ラストはいまいち追い込めずゴール。2時間45分30秒。昨年より、コースが1.6キロ短くなっているはずなので、昨年と単純に比較できないが、昨年より12分短縮。おそらく実質は6分程度の短縮か。

 リザルトの速報をみると、年代別で4位。3位は、おそらく見えていた選手で、その差16秒だった。総合では30位。とにかく、昨年の結果を上回ったのはよかった。
ハセツネでチームを組む、生駒の山賊さんは、ぶっちぎりで年代別優勝。さすがである。日本のマルコ オルモ(UTMBの優勝者)のようだ。
このレースはスポンサーがノースフェイスで賞品がとてもいい。3位に入れればザック(マーティンウイング)がもらえたのにとても残念。
スポンサーサイト
プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。