スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗鞍 ヒルクライム

8月26日(日)は乗鞍ヒルクライム。年に1度の自転車のお祭りだ。
前日の土曜日より乗鞍入り。朝9時に宿泊先の旅館に集合して、大学漕艇部の同期3人でまずはサイクリング。

三本滝レストハウスまで登ってみる。
レースだとスタートから19分だが、軽く登って20分だったので本番では18分くらいでいけそう。

午後からは受付を済ませて、トレッキングコースを軽くトレイルラン。
乗鞍高原のコースは素晴らしいトレイルコース。ふかふかの下りが気持よし。
温泉に入って、ビールを飲んで体調は万全。あとは登るだけである。

本番では4時起床。すぐに朝食。
今年からタイムの計測がネット方式になったことで、スタートラインをちょっとでも早く越えるための場所取りは必要ない。チャンピオンクラスだと日本のトップレベルが出ているので、先頭でスタートするにはレベルが違いすぎる。
アップをすませて6時15分頃に待機地点にいき、だいたい真ん中当たりに場所をとる。
ライバルの後輩もすぐにやってきて後方に位置取り。
後輩は、ベストタイムが66分と速いが、子供ができて最近はトレーニングが足りていないよう。70分を切れないといっていたので、今回は勝てそう。

当方のベストタイムは72分だが、そのときの富士登山競走のタイムは3時間38分。今年はそこから10分短縮できているので、1時間のレースなら4分は短縮できるのではないかと思った。練習時間の4月から月60時間以上をキープしている。

ただ、7月は180km、8月は400kmと全然自転車に乗っていないのが心配。特に7月は富士登山競走を意識しすぎて、ランは500キロ走ったのだが、自転車はその分乗れなかった。

まあこれまでの練習で体はできているので、スピードはでないが、後半にかけて落とさないようにする作戦。目標は、68分。最低でも70分切り。

7時にスタート。
クリートもすぐにキャッチ。落ち着いてのぼっていく。
心拍数を見ながらあげすぎないように気をつける。いい感じ。
集団のなかに入り極力消耗しないように気をつける。けっこう速度にのっている感じ。第1CPは予定どおり19分。予定どおりだが、以外とタイムが出ていない感じ。ただ、前回までと比較して疲労感は格段に少ない。

乗鞍はここから、傾斜がきつくなる。
なにか足が重く力がはいってこない。やはり自転車向きの筋肉が不足しているのか。淡々といくが速度があがってこない。心拍も170前半と予定より低いが、これ以上あげると垂れてしまいそうで上がらない。

第2CPは50分。予定は49分なので1分遅れ。
最後の5キロが勝負だが、足がかってないほどに重い。体はいいのだが。

最後の5キロは結構斜度がきついところもでてくる。
足がいっぱいで速度がでてこない。平らなとこはできるだけ回していくのだが、重たいギヤは踏めない状態。

心拍は175から180に上げていくがどうも調子が出ない感じ。かってなく空気が薄く感じる。

ゴールタイムは71分30秒。70分切りなど夢又夢。68分などといっていた自分が恥ずかしい。

ゴールするとライバルの後輩がいた。いつの間にか抜かされていたようだ。後輩は69分で完敗。

ベストタイムは更新したが、しょぼいレースになってしまった。
やはりもっと自転車に乗っていなければだめ。自転車用の足に全くなっていなかったようだ。70分きりは来年のお楽しみか。

レースの後は、先輩の用意してくれた、高級スパークリングワインと肉でBBQ。乗鞍で一番美味しいワインを飲んでいたのは間違いなく我々だろう。
また、来年がんばるろう。

次は10月のハセツネ。
ランニングの足はけっこう良さそうなので、頭を切り換えてトレーニングしよう。

スポンサーサイト
プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。