スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗鞍マウンテンサイクリング

夏の自転車祭り乗鞍ヒルクライムである。
金曜日は漁業者との飲み会で帰宅が25時。また増量してしまった。
土曜日の早朝出発。金沢からだと2時間半くらいで9時前には現地到着。

深ちゃんと軽く乗るつもりで自転車に乗るとFホイールがガタガタ。
実は1週間前にガタがでていたので、自転車店で玉押し部分の調整をしてもらったのだが、その後雨天続きでローラー台にしか乗れなかったのだ。
会場の修理コーナーに持ち込むが、どうもハブの中で部品が折れているようで修理不能とのこと。

レース場にはいったとき機材が不備とはとんだド素人である。
あわてて松本までホイールを買いにいく。
携帯で検索した自転車店に飛び込み訳を話すと、店の中を探してくれて、中古のホイールを渡してくれる。丁寧に調整してもらい、お貸しするとの申し出を受けたが、いくらなんでも悪いので、買い取りさせてもらう。
大変すばらしい対応をしていただき感謝感激である。
サイクルショップミツワさんありがとうございました。

久しぶりに仲間と集まれば前夜は飲まないわけにいかないが、昨年のように激しい二日酔いになると困るのでそこそこにして21時に就寝。

レース当日は4時に起床し風呂、飯。5時には会場に向かい場所取りをするが、なんと、スタート順に整列させるプラカードがでていない。
当方が出走する40代クラスはエントリーが1000名以上のため、3回にわけてスタートだ。

なんでプラカードを出さないのかよくわからないが、6時頃にやっと並べ始める。すでに大勢の人があつまっており、結構混乱したものの、無事に最前列をキープする。しかし、おかげでアップする時間が少なくなってしまった。

今年はスタート直後に工事箇所があり道幅がタイトになっていることからか、スタート時間が7時と早まり、その分各クラス間隔をあけてのスタートとなっている。おかげで以前よりばらけて走りやすかったが、待ち時間が長くなったの欠点か。

7時42分にやっとスタート。昨年同様、クリートがなかなか入らない。
増重の悪影響はてきめんで、非常に呼吸が苦しいが心拍は全然あがらない。
富士登山競走と同じパターン。これは70分切りどころか、昨年の72分台も無理そうだ。絶不調でもたもた走る。

CP1には20分43秒で昨年より1分以上落とす。気持ちも早くも切れかかるが、やっと体がちょっと始動しはじめた感じがする。
中間点は33分41秒で昨年より1分半落とす。このころから少し持ち直してくるが、心拍はやはりあがらず。

CP2は、52分46秒。昨年より1分40秒落ち。最初のように1分近く落ちないが、昨年よりややペースが落ちている。
淡々とあがっていく。ケイデンスも低め安定か。

最後もあがらず、結局74分31秒でゴール。昨年比2分19秒落ち。

データをみると心拍もケイデンスも昨年より5くらい落ちていた。
特に、昨年170→175→180とうまくあげられた心拍は、今年は170で低め安定。最後も173くらいまでしかあがらず。

レース後にのった体重計は74キロと昨年比4キロ増。
これではいくらトレーニングしても早くなるどころではない。

ハセツネまであと2ヶ月。なんとかしないといけない。
しかし、明日も飲み会だ
スポンサーサイト
プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。