スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第64回 富士登山競走

22日は富士登山競走。

スタート前にちょっとアップをすると体が重く、息がゼエゼエする。
明らかに調子が悪い。

7時にAブロックからスタート。
出だしのロードはもっとも不得意なところだ。それでもスタート直後なのでパワーがあるので、例年だとペースがあがりすぎるのを抑えるのに苦労するのだが、今年はぜんぜん走れない。

明らかに周りよりペースが激遅い。次々抜かれる。
非常に苦しい。心拍をみると昨年より10ほど低いのだが。体が重すぎる!
今日は涼しく絶好のコンディションなのに。

下を向いてゼエゼエいいながらのぼっていくと、周りにAブロックの選手はひとりもいなくなり、後続スタートのBブロック、さらにはCブロックの選手にも次々抜かれる。全員に抜かれるかと思った。

中の茶屋は38分後半、昨年より4分も遅い。さらにトイレ(小)にもいく。
レースの途中でトイレにいくのは、調子の悪いときの証。

3.5切りどころではなく、テンションが切れそうになるが、なでしこジャパンの澤の同点ゴールを思い浮かべ、あきらめない。

勾配が急になってくると、体も少々落ち着いてきた。
馬返しに1時間3分。昨年より落としているが、ずるずる落ちていないことに一安心。

ここからは、トレイル。ここからだ。
登りのトレイルでペースアップし、抜かれまくった選手を抜き返す。
昨年より心拍で10くらい低く、あげると苦しくなるが、ペースは悪くない。

五合目で1時間53分。ちょっと盛り返してきたか。
登山道の登りも一定ペースであがっていく。次々と抜く。
7合目からの岩場は抜きにくくなるがここは少々体を休める。

8合目、3時間12分。昨年より1分遅いが、だいぶ盛り返してきている。
自己ベストを目標にがんばるが、さすがにペースが落ちてくる。
9合目を過ぎると、かってないほど体がふらふらする。

最後は、自己との戦い。タイムも心拍も見ずにラストスパート(ただもがいているだけ)。

ゴールタイムは、3時間40分29秒。自己ベストも40分も切れず大変残念。

今日の収穫は途中で切れなかったことか。最近はこれがテーマだ。
とにかく体が重すぎ。
レース後、サウナに入ったあと体重を量るとなんと74.5キロ。スタート前はいったい何キロだったんだろう。ちなみに、昨年はスタート前70キロ。

減量しないと結果はでない。これからは禁ビールだと誓いつつ、打ち上げは地元で飲み放題。これではいかん。
スポンサーサイト

剣岳 早月尾根 トレイルラン

土日が業務だった。しかし、22日が富士登山競走なのであまりハードで長時間のトレイルは困る。天気もよさそうだし、せっかくなので北アルプスのメジャーな山にのぼっておきたい。

ネットで探すと、剣岳、早月尾根が日帰りできそう。
標高差2200mと結構あり、往復でコースタイムは15時間半とあるが、富士の練習にちょうどよさそう。片道8キロ程度ならそれほど時間はかからないだろう。

なでしこジャパンの試合を前半だけ家でみる。
明らかにおされ気味。これは勝てそうになさそう。
セブンイレブンで100円おにぎりをかって出発。

テレビをつけながらいくが、後半でやはり点をとられてしまう。
しかし、すぐ取り返す。
むむ、やるぞなでしこジャパン。

PAに車をとめて観戦。
延長戦で点をとられる。やはりだめかと思ったら、最後に取り返す。
すごいぞなでしこ。
最後は、完全に気力がまさりアメリカを圧倒。世界一。

いやあいいものをみせてもらいました。
けっしてあきらめず戦い、勝つ。感動しました。

予定より、かなり遅くなってしまったが、ベースの馬場島を8時前に出発。

今日はファンランで富士のレースに疲労を残さずいきたいところだが、サッカーの興奮さめやらず、ペースアップしてしまう。
心拍を抑えるのに苦労する。

いい感じでのぼっていく。急登だが、富士の練習としてはいい。
早月小屋をすぎると細い稜線がでてくる。

剣岳は素人が上る山のうちでは一番危ないとされているところ。
確かに危ない箇所、満載。
鎖場や、かにのはさみなどの有名ポイントは大丈夫そうだが、それ以外の何気ないところが危なそう。慎重にいく。

尾根は細く風があると怖そうだ。今日は無風。

振り返れば大パノラマ。すばらしい風景を十分堪能する。

快調に3時間ちょっとで登頂。3連休で混雑かと思ったが、山頂に誰もおらず。涼しくて気持ちいい。

くだりは超慎重に。登りとコースタイムがあまり変わらない。

予定通り往復5時間半で下山。ナイス登山。

さあ次は富士登山競走。
ただ、台風が心配だな。

OSJ志賀トレイル 中折れしつつも年代別3位

本日はOSJ志賀高原トレイル50kに出場した。

天気心配だったけど、うまいこと曇りのち晴れ。
高原の空気がうまかった。

レースは前半は押さえに抑えた。どんなにぬかれても我慢。
心拍数は160以下。

しかし、それでも2時間半でエネルギー切れ気味に。
昨夜のんだ睡眠薬がよくなかったか。
昨晩やることもないんで19時に寝たのでちょっと飲んでみた。
おかげでぐっすり寝たのだが、これはどうも体に力が入らなくなる。
8時間くらいで消えるとおもったのだが。

中折れしてしまってスピードが極端に低下。ふらふら。
いつもならここで、あせってさらに悪化させるところだが、これまでの
経験を踏まえ、ジェルを多数投下し回復をまつ。

いいことに過激なゲレンデ登りがでてきて、得意の場面で上っていたらうまいこと回復。

後半は結構足がまわった。課題の足の痙攣も停止は一回のみ。

そんなわけで、目標の7時間切りには及ばなかったけど、
今日のコンディションとしてはベストの走りだったかな。

うまいこと、40才代の3位に入ってよかった。

帰りは、高速で帰ってきたが、東京方面は渋滞30K。北陸道はすいすいで3時間で帰着。金沢にいるあいだに信州のレースにでよう。

来週はマグロと勝負かな。



プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。