スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨鬼で納めつり

パソコンの調子が悪く長文がかけない。

本日は、南へ。
はじめは西風が強烈で、風裏ににげる。

まだいはポチポチだったが、2キロが一尾つれてほっとした。

最後にねらったキダイ、おにかさごが連発した。
1時間30分くらいだったが堪能した。

鬼は2キロ近くあった。これが3本と、最後は巨大カンコ3キロが浮上した。

結構楽しめた。

周りでマグロがボイルしていた。
まだまだいけるのか。

水温は16度。結構下がった。

来年もがんばろう
スポンサーサイト

箱根 トレイルラン

今日は1日早く休みをとった。
釣りは風でろくな釣りになりそうにないので、トレイルラン。

箱根というと、湯本から金時山、乙女峠、長尾峠、といった外輪山を通って、芦ノ湖におり、大涌谷から強羅にぬけるコースがポピュラーだが、いささかワンパターンなので、
内側の山をめぐってみた。

湯本から、旧道をとおって浅間山から小涌谷、そこからロードで早雲山、トレイルにはいって、神山、駒ケ岳、芦ノ湖におりて、箱根関所のあたりから、旧道にはいって湯本に戻るコース。

のぼりもある程度のボリュームがあった。
やはり、これくらい上ってもらわないと。三浦のコースは上りが少なく、フラットなので、得意な部分が少ない。三浦はロード系のランナーが早く走れそうだ。

7時半に湯本駅をスタート。やたらと寒い。
トレイルは巨大な霜柱がいっぱい。最後まで溶けなかったので、コースはグジャグジャにならずに助かった。乙女峠の付近は日当たり良好なので、午後は泥がすごそうだ。

神山くらいあがると気温が下がりちょっと寒い。ただ、あまりふきっさらしにならないので助かる。風が結構ふいていた。

箱根の1国のあたりは、箱根駅伝の準備が着々と進んでいた。コンビニには応援クッズが大量におかれ、道路は放送車が入念に試走を繰り返していた。

ゴールは、日帰り温泉の天山へ。
最後のロードは、箱根駅伝ばりに飛ばしてみた。本番の選手はどれだけ早いのだろうか。

温泉は、サウナ(釜風呂)中心に2時間みっちりはいった。

三浦半島縦断トレイル 試走

今日も西風で出漁できず。
もっとも夕方から用事があるのでもともと出られないが。
この寒気でとりあえずユキが八海山にどんどん積もってほしい。

今日も三浦半島トレイルの試走。
半日ならちょうどいいコースだ。
オーフィーさん会は30人の試走会、公式の試走会は80人くらいあつまっていた模様。当方は、一人試走会。

ぷっちさんに初めてご挨拶できました。

今日はわざわざスタート地点までいってスタート。5時間くらいを目標とする。寒いけど、出だしはのぼりなので調度いい。

シュールなコースも回数走れば普通のコース。
あまり心拍数をあげないように淡々とはしっていく。
コースはおおむね把握できたので、迷うことなくいけた。

山科台に向かう草原?で、おそらくこの大会の主催者、ボスと呼ばれている方と遭遇。

山科から光が岡に向かう万里の長城のように塀が続く箇所は苦手。
光が岡からは、トレイルレースでなくロードレース。苦手な林道と農道でペースダウン。レースでは根性きめて走らなければいけないだろう。

今回は、きっちりビーチランもやったが、強烈な西風がふき、砂がまっており、体が冷え切ってしまった。
おもっていたより走りやすかったが、小川があったり、船上げ場があったりと、結構迂回する。
いつもはゴール後、ロング缶を飲むのがお約束なのだが、ほっとコーヒーになってしまった。

5時間ちょっとで終了。うまい具合に電車の乗り継ぎもよく、早い時間に帰ってこれた。
一番きつかったのは、このあとの家の窓拭きだった。

本日の経過
1CP 0:46:53
2CP 1:04:39
3CP 1:27:33
4CP 1:45:39
5CP 2:07:19
6CP 2.30.31
7CP 2.58.55
8CP 3.15.47
9CP 3.36.50
10CP 3.58.49
11CP 4.26.31
12CP 4.47.47
13CP 4.50.10
FIN 5.04.21








年末の予定

西風が続く予報で困ったもんだ。
明日も西風が強くとてもつりは無理。

28日から29日も西が強そう。
唯一、30日だけは少し期待が持てそう。
30日が納め釣りの日になりそう。できれば南下したいところ。

昨年は、29日、30日と連続で釣りにいったが、今年は下手すると一日もいけないかもしれない。
そうすると、年末はトレーニング三昧か?毎日トレイルラン。
やりすぎりと故障しそうだ。一日トレイルを走って温泉にでも入って生ビールを飲むものよさそうだ。

自転車もいいのだが、風をきって走るととても寒く、好きな峠は凍結。
ヤビツの頂上付近は工事中らしい。困った。

とりあえず、明日は朝ちょっとランニングして、家の仕事。
26日は、三浦半島トレイルを通しで走って、夕方から家の用事。
三浦半島トレイル試走は、とりあえず5時間くらいで試走するつもり。コースアウトするともう少し時間がかかりそうだが。
レースの優勝タイムは、4時間くらいだろうか。結構走れるところが多そうなので、コースアウトさえしなければ、タイムはでそうな感じ。

巨アマはいずこ

本日は西風の予報のため、近場に出漁。
本日は、スギタニさん、真南風丸さん。
まずは明け方のアオリ狙い。

地元の小船もたくさんでており、ぽつぽつあげているようだが、つれない。
小さなすみいかが一杯だけ。
この日は乗り合いのトップは18杯。何が違うんだろう。

イカののりが悪いので、毘沙門沖で巨大アマダイ狙い。
52センチの実績ポイントにまわすが潮がとまっている。
魚が食ってこない。

そのうち潮が動き始め、まずはアカボラが食ってくる。
まずはこいつを釣りつつ、アマダイを待つ。
やっと食ったが、巨アマにはほど遠い30センチ級。

やや風がおちてきたので、松輪瀬の先のポイントへ。
しかし、本船航路沿いにでると、まだ波が高く、潮も飛んでいてつりにならず、引き返す。

天気もよく潮の動きもよくなってきてつれそうなのだが、アマダイは食わず。

最後の勝負は城ヶ島沖で。
ここは、魚が少ないが食えばでかい。

期待どおり、スギタニさんが一発で食わす。
あまり引かないといいながら、45センチ1キロの特大アマをゲット。
年末は浜値でキロ6000円以上、売値は浜値の3倍なので、おおよそ2万円の超高級魚だ。

アマダイは続けて食うので、気合を入れるがヒメのみ。

15時まで粘って釣るが、続かず。
アマダイ釣りってこんなに難しかったけ?

今年もあと少し。
天気予報を見ると連日西が吹く予報が多い。

なんとか最後にしめたいところだ。

三浦半等縦断トレイルレース フルコース試走

今日はみんみんさんのつてで、三浦半等縦断レースの試走会に参加した。
総勢18名の大所帯だった。

港南台駅を8時発。曇りでとても肌寒い。
前半部分は2回試走したのでばっちり。
これで3回目なのでさらにばっちり。

大楠山から以南は、いままで走ったことがない。
トレイルというよりは、原野の野焼き道、作業道のようなところ。
途中、塀の脇の延々と続く階段はまいった。前半の葉山のトレイルはすばらしかったが。
武山は、初めて上ったがダブルトレイル。途中で間違えって下ったオレンジラインはすばらしかったが。

津久井浜まで降りると、溶岩の釜で焼いたパン屋さんがあり、買出し。
出来立てのコロッケパンを購入。うまい。

コースアウトなどもあり、ゴール到着はちょうど8時間。
結構時間がかかってしまった。

ゴール後は、マホロバで汗を流し、居酒屋で打ち上げの黄金パターン。
これはやめられないね。

7時過ぎくらいに終了したが、家についたのは9時まえ。
やはり、結構はしったなあ。

寒かったけど楽しい一日だった。
次回はもう少し飲みたい。

三浦半島縦断トレイルレース

来年2月に地元の山を通って行われるレース。
コースもシュールで非常に楽しみ。ハセツネや北タンとは違った楽しみがありそう。

今週末はみんみんさんにご紹介いただき試走会に参加させてもらう。
走った後に風呂付、ビール付でとっても楽しみ。

26日は大会事務局がオフィシャルに行う試走会があるそうだ。
コースの判別が難しいことから結構な希望者が集まりそうだ。
早速こちらも申し込んだ。
26日は夕方から用事があるので、ちょうどいい。

2週連続でフルコースが楽しめるとはラッキーだ。

来年の最大の目標は、5月のUTMFにするつもり。
まだ、詳細が発表されていないが、24日にエントリーが開始されるとのこと。

166キロのトレイルを48時間以内に走りきるためには、1日8時間のトレイルランを毎週1回続けろとのこと(鏑木氏アドバイス)。

8時間のトレランは厳しいが、できる限り長く走るトレーニングを今後していくつもり。

お楽しみが増えてとっても嬉しい。


近場はだめか。

今日は風があったので、近場狙い。
あおりいか、アカムツ、オニカサゴ、アマダイと超高級魚狙い。

夜明けとともにでて、まずは毘沙門であおりねらい。
今期は絶好調で、いれてすぐにあたると思ったのだが全然だめ。
はまちゃんが小さいのを1こ、私が中くらいのを1このみ。
この日も乗り合いは頭9本だが、全然だめ。

すぐに切り上げて、アカムツ狙いへ。
相模湾側へ移動するが、風が強い。
なんとか、城ヶ島の西にはいるが、結構な波。
風と潮が強く、まともに流せず、つりにならない。
オニもちょっとやってみるが、つりになっていない。
やはり当方のボートでは、このようなコンディションで釣りができない。

風裏となるアマダイ場に逃げる。
城ヶ島の下でやる。
少して、中型が1本でるが、続かず。
はまちゃんに1キロオーバーの巨大ホウボウがきただけ。

毘沙門沖に移動。
イトヨリがあたってくるが、本命はでない。
キダイも極小サイズ。

結構粘ったが、アマダイは出ず。
13時過ぎくらいから風がやっと落ちてきた。
もう少し早くおちてくれればよかったのだが。

ぱっとせず納竿。
来週は南にいきたいところ。

三浦半島縦断トレイル 前半試走

本日は南西の風が強くとてもつりは無理。
気温が高く、昨日通勤ランで30キロ走ったので、ヤビツを自転車であがろうかとも思ったが、予定通り三浦縦断トレイルレースの試走にいく。

このレース、非常にマニアックなトレイルがコースのようだが、主催者がコース表示をせず、当日案内等もないということで、試走が絶対必要。
関連のブログなどみても、コースが非常にわかりにくく、コースアウト続出のようだ。

しかし、私にはみんみんさんが作成してくれた入魂の手作りマップがある。
これがあれば安心だろう。

前半部分は地元のコース。小学生のときから遊んできたところだ。

港南台からスタート。
最初はメジャーなトレイルで問題なし。
市境広場を左折していよいよ本番?スタート。

曲がり角は特製マップで十分に確認していくが、一箇所間違えて行き止まり。
しかし、すぐにコース復帰。

地元でも走ったことのないトレイルを進みつつ、朝比奈峠へ。
関門時間も余裕でクリア。本番なら1時間かからないはず。

難しい箇所は白いビニールテープが目印としてあり助かる。
朝比奈からは通常?のトレイルを進む。

このコース、おもしろいの一言。マニアックである。
鎌倉トレイルレースはメジャーなコースを紅葉の混雑するときに開催するのでどうかと思うが、このコースはいい。ほとんど、人がいない。

だいたいの山や地名は頭にはいっているので、分岐を見落とさなければ大丈夫だ。葉山のトレイルは、分岐が細く、レースで飛んでしまうと見落とししまう場合があるかもしれない。

冬場なので藪もそれほどひどくなく、快調にはしって不動橋(22キロ地点)に到達。

第1回目の試走だったが、みんみんマップのおかげで迷うことなく走れた。

次回は、後半の20キロをやって、その次は通しでやってみよう。

今日は、UTAFの事前意見交換会が東京で開催されている日。
来年5月、富士山周遊166キロ、48時間のトレイルレース。
早く、詳細が知りたいところだ。

明日は、釣り。北風が吹きそうで、南下もできそうだが苦労しそうなので、近場にするつもり。

東京エンデューロ

土曜日は袖ヶ浦フォレストレースウェイで自転車の耐久レース。
2時間+4時間を2人交代で走る。
一昨年より漕艇部の後輩と勝負しており、ここまで1勝1敗。
後輩チームのエースH間は乗鞍66分だが、今年は子どもが生まれて練習不足で、乗鞍では二日酔いの私に負けている。
チームを組む深ちゃんは、現役ボート選手で減量が進み、昨年より8キロ落とした62キロ。これは期待できそうだ。

2時間のスタートは深ちゃんが担当。
H間はゆっくり目ででている。
サーキットエンデューロは集団走行がすべて。しかし、深ちゃんは一向に集団の中にはいらず、みちのく一人旅状態。
とってもつらそう。
H間は余裕の集団走行。
1時間で交代するが、すでに2周差。

初めて走るサーキットだが、下りのヘヤピンともう一箇所に結構きつめのコーナーがある。
コーナーはとっても苦手。怖いので速度落としまくりで、立ち上がりで足を使ってしまう。
どうもぎくしゃくした走りになってしまう。
あっという間に1時間がたち、2時間レース終了。

平均速度は34.7キロだったが、深ちゃんが30キロ。
H間は33キロ、ペアのA村が32キロだった。

4時間は30分後にスタート。
深ちゃんは・・、相変わらずみちのく一人旅状態。
これではペースがあがらない。本人曰く、「坂がのぼれなかった」。
減量の効果は皆無だったようである。

1時間で交代。
交代して最初の1時間は調子よく、いい感じの列車にのることができて2時間のときよりペースアップ。
それなりに楽しく走れたが、やはりコーナーがだめ。
平均速度は36キロ。しかし、トップは40キロなので、全然だめ。
トップ集団はあっという間に抜かれてしまう。

H間は2時間半を交代なしに走るといういことで淡々とはしっていた。

1時間ごとに交代して、最後の1時間。
はじめの30分は順調だったが、その後、足にきて踏めなくなる。
心臓は回るのだが、特に坂が踏めず、足売り切れ状態。
心拍数も落ちる一方。

なんとかだましだまし走るが、楽しくない。
さらに、あと数秒の差で最後の周回にはいれず。平均33キロまでおちてしまった。

結果は53周。後輩チームは56周で惨敗。

12月とは思えないほどの陽気で楽しめた。

その後、マリーナに移動して、キャンプ。
翌日はつりにいった。
いつも、これくらい天気がいいといいのだが。




凪だおれ

今日は最高の天気だった。
しかし、凪だおれ。
反応は高かったのだが食わなかった。

ついてすぐに、スギタニさんに2.5キロのシマアジ、同乗の素人さんに1キロくらいのマダイ、2キロのフエフキダイと反応も高く爆釣りかと思ったが・・。

その後さっぱり。たまにマダイが食ってくるだけ。

べた凪でスパンカを展開しなくてもいい最高の陽気。
反応もでるのだが、全然だめ。えさ取りもおおい。

我慢できずに4号ハリスに落としたら、巨大イサキがつれ始める。
夏はハリスは関係ないが、水温がおちるとハリスをみるのか。

イサキを釣りつつ、いい魚がかかるのを待つがさっぱり。
そのうち、メジらしき反応が出始め、僚船からハリス切れの情報が。

最後にチャンスか。
いい反応が出始め、これはと思ったが食わず。
残念。

素人さんもそれなりに楽しんだようなので、まあよしとしよう。

プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。