スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫魔で初すべり

30日はスキーの初すべりにいってきた。
ユキ不足で一時断念したが、27日からの大雪で滑走可能になった。
雪質もとってもよくてよかった。

スキー場も東北道もガラガラで快適。
猫魔はちょっとした斜面があって子連れにはいい。
雪がふっていたので、フードつきのトリプルにのって、ダルジャンセンターというところをすべってくるの繰り返し。
最後はすこしこぶになってきて楽しめた。

猫魔は雪はいつも多いのだがやはり小さい。長男も少し滑れるようになってきたので、次回は岩鞍くらいにいこう。本当は八海山がいいのだが、まだちょっと厳しそう。

昼はいつもの車のなかで鍋。ワンパターン。

適度に滑って渋滞しらずで戻った。快適なスキーだった。

初釣りは2日だが、何を狙おうかな。

スポンサーサイト

箱根マラニック

 27日土曜日は箱根マラニックに参加した。湘南ホノルルマラソンクラブ主催のマラニックだ。サポートカーがつき、総勢18名ほど。

 このようなイベントは始めての経験。ヨヨマンさん、ヨヨ兄さん、お犬さま、○内さんらと走る。参加者のなかには、サハラマラソン出場者や早ロマンブルーの方もいた。

 小田原から出発。今年一番の冷え込みと予想して、着込んだが暑い。特に末端が冷えると思ったのでスキー手袋までしたが、これが暑かった。
 
 まずは軽く小田原駅から大雄山駅まで10キロをラン。ここから、30キロの部に参加の者5名が合流する。

 地蔵峠へ。結構な登りをあがっていく。のんびりとした山里の風景である。地蔵峠では名物のうどんで昼食。ビールを調子にのって中ジョッキ3杯のんでしまう。おでんもうどんもおいしくいただく。

 夕陽の滝をみてから、足柄峠へ。久しぶりの登山道のトレイルだ。足柄峠では富士山が見事だった。
 
 足柄峠からはけっこうな直登で金時山山頂へ。でもこれくらいの登りのほうがだらだら登るよりはいい。さくさく登って山頂では汁粉をたべる。

 サポートカーからは休憩のたびに、おにぎり、フルーツ、ようかんと食べたので、おなかは常に満腹。

 山頂からは乙女峠を目指して下る。日向の部分は霜柱がとけてどろどろ。滑りやすいので注意して下る。最後はちょっととばして国道に出る。

 ここからは、ゴールのひめしゃらの湯までロードの下り15キロである。スローペースできたので、うまいビールを最後は気合いをいれる。

 同じ思いのヨヨ兄さんが、先行して下っていく。かなりのハイペースである。心拍数をみると180オーバー。最初はなんとかついていくが、離されてしまう。スローだったといえ、それなりにトレイルをこなした足に下りのロードはきつい。

 宮ノ下からは箱根駅伝の区間である。快調にとばしたいところだが、足が動かずペースダウン。

 ゴールと同時にサポートカーから缶ビールがでてくる。完璧なサポートだ。41キロの行程を無事完走した。

 お湯にはいってさっぱりして、箱根ビール蔵で懇親会。地ビールのみ放題で最高だった。サハラのはなしもきけて楽しかった。

 レース以外でランニングイベントに1日参加したのは初めてであったが、非常に楽しめた。主催者の方、サポートしていただいた方には厚くお礼も仕上げます。

初大井 自転車練習

朝5時半にディズニーランドにいくという長女を駅まで送り、そのまま車で大井埠頭へ。

来年4月のハセツネ30はでなければ本戦にでれないということではなさそう(出ると本戦に出やすくなるようだが)なので、出場は見送り。代わりに富士チャレンジXという富士スピードウェイで行われる自転車の耐久レースに出る予定とする。これは、7時間で何キロ走れるかというレースである。

この間の東京EDで自転車は体力だけでなく、走行技術が大きくものをいうことを痛感した。となれば、練習あるのみである。

そんなわけで、自転車トレーニングの聖地、日曜日の大井埠頭で初めて練習することにする。

7時半に現地着。公園の駐車場に車を入れて早速スタート。といってもコースがよくわからない。地図をもってきたのだが、うまいこと、集団がいたので、後ろにつかせてもらう。

1周は約10キロとのこと。だいたい20分くらいで1周。コースを覚えるべく周回する。おもったより路面もあれているし、信号もあるし、車も多い印象。結構怖い。

だらだらと周回を重ねていると、ヨヨマンさん登場。本日は川崎のバンクに行く前にちょっと練習するとのこと。ヨヨマンさんとそのコーチと走り出す。そのうち、ヨヨマンさん所属のチームと合流して周回する。

ドラフティングすると本当に楽だ。しかし、気が抜けない。
一定ペースで周回し、ヨヨマンさんらとは1時間ちょっと走った。

まだ、走り足りないので周回していると、後ろから速い集団があがってくる。これがヨヨマンさんがいっていたトップレーサーT中さん率いる集団か。

早速、後ろについてみる。40キロオーバーでの周回である。なるほど、これは大変練習になる。

直線はいいのだが、交差点の曲がり角などのコーナーがきわめて遅い。
このため、コーナーでとっても差がついてしまい、それを追いつくのがきつい。トップレーサーはコーナーがとってもスムーズ。こちらは怖くてフォームががちがち。速度は半分以下くらいか。

2周目で途中のコーナーから遅れ、その差をつめて後ろにつけない。後ろにつけないとどんどん差が開いていく。残念。これがちぎれるというやつか。

T中さんは、走りもトップクラスならマナーもトップクラス。走行中にラインにゴミなどが落ちていると停車して拾っていた。すばらしい。

最後に心拍数を上げる練習もできて満足。超暖かい日でもう少し走りたかったが、午後に家の用事があったので、午前中で終了する。

結構怖いところもあるが、気をつけてまた練習しにいこう。

東京エンデューロ


 はじめての自転車の平地のレースに出場した。
いやあ、おもしろかった。本当に興奮した。このスピード感はたまらん。

 ドラフティングによる先頭を交代しながらの高速走行。コーナーにバンクさせてつっこんでいく感覚。まだまだ速くはないが、ちょっとだけでも自転車レースの片鱗にふれることができた。
 今回ぶっつけ本番でドラフティングをしたが、あんなにすごものだとは思わなかった。初めて経験なので、多少びびっていたが、やってみると何とかなるものだ。

 このレースは土日の2日間開催。私が出たのは土曜日。申し込んだのが10月半ばで日曜日はすでに締め切られていたからである。結果的には、本当によかった。今日のこの雨のぬかるんだ滑りやすい状況ではとても走る気にならなかったろう。

 今回のレースは大学ボート部OBチームで出場。エースH間さんとアリソンさんの若手ファーストペアと、新潟からきた深ちゃんと私のセカンドペア。最後は、若手が先行したが、最後に疲労でタイムが落ちたところで抜き去り、我々セカンドペアの勝ち。

 レース経験豊富なヨヨマンさんが総監督で指導していただいた。監督からみると、まだまだだったようで、途中で「ツーリングじゃないんだぞ」との厳しい指導もあった。監督の期待に十分応えられなかったが、ビギナーなのでご勘弁ください。

 それにしても楽しかった。
 終了後は、いつもの藤沢の焼き肉屋で軽く打ち上げ。やはりレースの後のビールはうまい。その後、いつものコースでカラオケにいくが、満員で入れず。やはり、カラオケは朝5時スタートに限るようだ。


 レースの詳細はHPに記載した。
http://www.geocities.jp/hazshun/framepage1.html

風のなか自転車


 本日は大風につき出漁はとりやめ。
 8時頃から自転車をこぎ出す。
 来週は東京エンデューロ(自転車の4時間レース)があるので、おそらく最後の実走だ。

 いつもの坂を上って降りて134号にでると猛烈な西風。追い手だが、横方面から吹かれると怖い。さらに大型車がスピードをあげて通りすぎられると巻き込む風と併せてふらふらする。さらにさらに、路面には砂浜の砂が・・。

 これは危ない。なんとか葉山までいき、国際村をあがるが、戻りは内陸から帰る。鎌倉から朝比奈峠。それから実家のほうに抜ける。このあたりは山を崩した住宅地なので坂だらけ。

 あまり練習にならなかったが、実は忘年会続きで胃の調子がイマイチ。
昨日のローラー台でインターバルをやったら気持ち悪くなった。なので、ちょうどよかったか。

 大風だったが晴れの良い天気だったので大勢のサイクリストがいた。自転車はランニングよりは確実に故障することが少ないだろう。自転車で走るとやたら気持ちいい。




 
プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。