スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南国際マラソン 


 受け付けは前日しかないので、土曜日は午後から大磯まででかける。
 天気が良かったのでニューバイクで往復。片道1時間弱のナイストレーニングである。

 第1回は江ノ島が会場でやたらと狭かったが、大磯ロングビーチは今度は広すぎる。端から端まであるかされてちょっと疲れる。

 日曜日、朝起きてみるとぽつぽつときている。まあ、雨のレースも仕方ない。走り出してしまえば関係ない。

 会場が近くなると人人である。人が多くて前に進まない。その上、大磯ロングビーチの端から端へ2往復することとなり、時間がなくなりそうだ。途中で荷物を預けるのをあきらめ、整列に向かう。

 ここでも人が多くて進まない。焦るが、なんとか間にあい列に加わる。
加わったところで国道に移動する。
 
 スタートはやや遅れたようで9時をまわっていたようである。最初はおさえていくがペースがあがり、最初の5キロは21分台。順調である。
 10キロは見落とし、15キロのラップは1時間06分。快調である。

 折り返し地点の手前には、家族が応援にきている。ちょうど折り返しなので2度元気をもらう。
 20キロは1時間29分、ハーフは1時間34分くらいか。

 しかし、いつもの病気がやはりでてくる。もう足がぴくぴくする。25キロは途中トイレに1回いって5キロが26分台と落としてしまう。
 25キロで1時間54分。

 心拍数はスタートで一時180オーバーになったものの、173くらいで安定。30キロは、2時間20分。かなり怪しい。

 しかし、初フルのときから、25キロで足プルプル病が全然直らない。
困ったものだ。
 我慢の走り、35キロは2時間46分。ここから西湘バイパスを走る。
沿道は切れ目なく応援してくれる人がいる。元気をもらうが足プルプルには効かないようだ。

 とうとう足の発作がピークに。3月の荒川では完全に攣ってしまったが
なんとか持ちこたえる。これもトレーニングの成果か。
 しかし、大磯ロングビーチのゴールを通り越して二宮までいって折り返すのだが、このあたりはきつかった。足がどうにもならん。

 なんとか持ちこたえているが、キロ5分30秒くらいか。折り返しであげていきたいところ。40キロは3時間15分。
 目標タイムをすぎてしまった。

 最後は気合いでスパートしたいところだが、大磯ロングビーチに入るところの急なカーブの坂道でうまく足がうごかない。がに股でなんとかかわす。最後はなんとか4分20秒くらいまであげてゴール。
 3時間28分。がっかり。

 今回は、ハセツネもいいタイムがでたので3時間15分くらいでいけるのではないかと思ったが、やはり途中で撃沈。いつものパターン。3月より2分しかタイムが縮まらなかった。

 逆に考えて、この足プルプル病を克服すれば、さらにハセツネでもタイムアップが期待できるのだろう。プルプル病の克服は、30キロのペース走をやることで克服できると思うのだが、なかなか取り組まないのがよくないようだ。

 まだまだ修行が足りないようだ。
 
 自分としては満足のいくタイムではなかったけれど、沿道からたくさんの応援をいただきました。ありがとうございました。スタッフのみなさまかたも雨のなか大変お疲れさまでした。

 河野実行委員長の挨拶がよかった。「この大会は、参加料、スポンサー料、ボランティアのみなさま、沿道のみなさまのご協力により実施し、税金は使っておりません。」

 いい大会であった。これからも神奈川県のフルマラソン大会として続けてほしいものだ。


スポンサーサイト

ハセツネチーム成績7位




ハセツネのチーム成績が発表された。
チームふなち75チーム中7位だった。入賞は6位まで。

ずいぶん発表が遅かったが、リザルトをみているといろいろと感慨深い。

来年はサブ10目指してがんばろう。
来年は4月の青梅高水からトレイルレースにでるつもり。
よく考えてみると今年のトレイルは富士登山とハセツネしかなかった。

自転車にもでたいし、ウルトラのいつものレースにもでたい。
釣りにも行かなくてはいけないので、いろいろと悩んでしまう。


ニューバイク発進

金曜日はマダガスカルでお世話になった兄貴が北九州から上京されたので、新宿で一杯やる。青年海外協力隊のOBなどがあつまり楽しく飲む。

飲んだあとは、当然マージャン。ビールを飲みながら秋の夜長にマージャンを打つ。最高だ。結局徹夜で5時半ごろまで打ち続ける。さらによく覚えていないが、ほとんどトップをとりこれまた気分がよかった。

午後からは、ニューバイクに乗る。
組んでもらったH林さんからは、ポジションを変えているのでしばらくはあまり乗り込まずに慣らしていった方がいいとのアドバイスを受ける。

いつもの鎌倉の坂をあがり、134号を葉山へ。
昼間は暖かくて気持ちいいが、自動車が多くて困る。

ニューバイクはこれまでのバイクに比べてすべていい。
すべるように進んでいく。
これまでのバイクはこれから比べるとママチャリレベルか。

漕ぎ出しは軽く、さらに加速性がいい。漕ぐとダイレクトに加速していく感じがする。

国際村の坂をあがり、134号を引き返す。時たま思いっきり漕いでみるが、すばらしくスピードが乗っていく。
これは気持ちいい。

2時間半ほど軽く乗って終了した。
あとは、ワイヤレスのメーターをつけよう。

プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。