スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセツネ 20回記念大会

10月8日、トレイルレースの日本選手権、ハセツネに出場した。
 ベストタイム更新、サブ9.5を目標としたが、遠く及ばなかった。
 3年連続でオーバーペースによる失速と、不甲斐無い結果となり残念。

 入山峠  0時間52分 52分(0時間51分 51分)  +1分
 醍醐丸  2時間05分 73分(2時間02分 71分)  +2分
 第1関門 3時間08分 63分(3時間02分 60分)  +3分
 西原峠  4時間37分 89分(4時間19分 77分) +12分
 三頭山  5時間22分 45分(5時間03分 44分)  +1分
 鞘口峠  5時間40分 18分(5時間21分 18分)   0分
 第2関門 6時間16分 36分(5時間57分 36分)   0分
 御前山  7時間07分 51分(6時間48分 51分)   0分
 大だわ  7時間39分 31分(7時間19分 31分)   0分
 大岳山  8時間19分 40分(7時間57分 38分)  +2分
 第3関門 8時間53分 33分(8時間28分 31分)  +2分
 日の出  9時間15分 22分(8時間48分 20分)  +2分
 ゴール 10時間25分 69分(9時間55分 67分)   +2分
 ※(  )は過去のベストタイム2009年実績

 当日は朝降っていた雨もあがり、気温も低く、絶好のコンディション。
 13時にスタート。抑えていきたいところだが、最初のロードは周りに
 のって走らざるを得ない。これがよくないのかもしれない。
 今熊神社まで19分と例年と全く同じ。抑えて抑えてとおもっているのだが
 心拍数はどんどんとあがっていく。
 その割には速度がでず。今熊神社の上りですでに170をオーバー。危険であ
 る。ゆっくりいっているのだが。
 
 入山峠は52分でほぼ予定どおり。渋滞はないが、心拍が170を前後してい
 る。峰通りの下りでは180オーバーの最高値を記録。どうしても抑えられな
 い。
 この先に地獄がまっているので、上りは本当にペースを落とすが、それでも1 
 65以下に下がらない。心拍は高いは、速度は出てこないはで調子がでてこな
 い。試走のときは、楽に速度がでていたのだが。

 醍醐丸2時間5分。予定より遅れている。確実に速度は落ちているのだが、心
 拍は落ちず。2時間半を超過したところで、やはりハンガーノックの兆候がで
 てくる。おなかが空き、パワーが出てこない。眠くなりやる気がなくなる。
 
 第1関門3時間8分。速度が落ちてくる。ベスパを入れて回復を図る。ジェル
 を多めにとり、このために持ってきた一口おにぎりを入れる。回復してくれば
 まだ挽回できる。サブ9.5はだめでも自己記録更新は可能性がある。
 ハンガーノックとセットの足の痙攣も起こり、気持ちがかなり折れかけたが、
 やや回復してくる。なんとか三頭山の上りまでに戻ってほしい。

 西原峠は4時間37分。目標より30分近く遅れている。
 三頭山の上りに取りつく。試走では西原峠から山頂までは楽にいって40分。
 少し回復してきてはいるものの本調子でなく痙攣が多発。なんとか気力を振り
 絞り45分で上がる。鞘口峠の下りは1度痙攣でストップするもの18分。
 
 ここから、ここから。足の痙攣を気にかけながら、なんとか走る。
 第2関門は6時間16分。足が残っているなら、まだサブ10は可能性がある。
 水を補給してすぐに出発。御前山までどのくらいでいけるのか。後半戦はどこ
 までいけるか。
 速度を出していくと、またもやハンガーノックの兆候が。
 おなかが減ってパワーダウン。目がまわる。
 やはりだめかも。ペースダウンして様子をみる。
 御前山の上りはだらだらと上がる。こんなに長かったか。

御前山、オオダワと区間のタイムはベストタイムを出したときの2009年と
 同じ。ペースアップできそうにない。サブ10も自己ベストも無理と悟ってし
 まう。これで残念ながら気持ちが切れる。あとは淡々と走ってしまう。
 走りながら、終了後焼肉をたべることばかり考えてしまう。

 大岳山の直登で、足の痙攣が多発。山頂付近では道を少しロスト。まあいつも
 のことである。
 下りの危険なガレ場。タイムを追いかけているときはそれなりに下れるが、も
 うタイムがでないと思うと怪我をするとつまらないと言い訳してしまう。
 脳がいいわけ脳になっている。

 足はそれなりに残っている感じだが、いいわけ脳では速度がでない。
 第3関門8時間53分。早く終わらせてコーラが飲みたい。

 金毘羅尾根は滑りやすく、スケート選手ようなスピンを決めた。幸い転倒にはい
 たらず。さすがにあと5キロが出てきてからはペースアップ。金毘羅尾根の終わ
 りの橋では来年に向けての雪辱を誓う。これで3年連続だ。

 大岳山から2009年のタイムから8分遅れたが、これはいいわけ脳によるもの。
 ベストタイムを狙っているときと、タイムが出ないとわかっているときは、やはり
 全然違う。体のパフォーマンスは向上しているはずだが、それを発揮できない。体
 を動かすのは精神だとつくづく思う。

 今年の富士登山競争はすべて出し切ってゴールでき、ゴール後は抜け殻感があった
 のだが、ハセツネではなし。不完全燃焼である。ゴール後に余裕があっても
 何もならない。
  

 それにしても試走でできたことがなぜレースでできないのか。不思議である。
 ハセツネはうまく走らないといけないと十分にわかっているのに。
 もっと飛躍的に体のパフォーマンスをあげて、少々速度がでても心拍があがらないよう
 なトレーニングが必要か。

 難しいからハセツネは面白い。
 これまでのゴールタイムは、12時間→10時間→9時間→12時間→11時間→10時間。
 こう来れば、7回目の来年は9時間でいけるだろう。
 また来年に向けて頑張るしかない
スポンサーサイト

ハセツネ作戦 2012年

いよいよハセツネ。
いつもなら日曜日のレースのあと、マリーナに直行してつりにいくのだが、
今年は昨年に続いて海が悪そう。
つりは無理だろう。

なのでレースに集中。

ハセツネの作戦をたてた。


 今年は3回ほど試走。だいたいのペースがわかったので次の通り計画。
 ○平均160を厳守 上げても165 165以上になったら歩く。
 ○第2関門以降が勝負 それまではひたすら我慢 抑える
 ○第3関門以降は全力で集中

 入山峠  0時間52分 52分(0時間51分 51分)  +1分
 醍醐丸  2時間00分 68分(2時間02分 71分)  △3分
 第1関門 3時間00分 60分(3時間02分 60分)   0分
 西原峠  4時間15分 75分(4時間19分 77分)  △2分
 三頭山  4時間55分 40分(5時間03分 44分)  △4分
 鞘口峠  5時間12分 17分(5時間21分 18分)  △1分
 第2関門 5時間45分 33分(5時間57分 36分)  △3分
 御前山  6時間30分 45分(6時間48分 51分)  △6分
 大だわ  7時間00分 30分(7時間19分 31分)  △1分
 大岳山  7時間35分 35分(7時間57分 38分)  △3分
 第3関門 8時間05分 30分(8時間28分 31分)  △1分
 日の出  8時間23分 18分(8時間48分 20分)  △2分
 ゴール  9時間25分 62分(9時間55分 67分)   △5分
 ※(  )は過去のベストタイム2009年実績

 補給は1時間半から開始。45分毎にザパスリキッド1本。
 関門毎にベスパ
 そのほか、一口おにぎり、大福、アスリートソルトを適宜
 水は、2Lの真水。暑ければ+0.5L

ハセツネ試走 3回目

前日はスパークリングを調子よく飲んだら飲みすぎ。
その後、夜行バスで帰省したのだが土曜日は体調が悪く最悪。
夕方ごろにやっと復活。9月30日は、台風でつりにいけないので、ハセツネ試走。

レース1週間前で疲労を残してもいけないので、第1関門まで。
入山峠 54分
醍醐丸 2時間7分
浅間峠 3時間5分
と設定。

5時15分に五日市中学校をスタート。

今年は三回目だけど初めての晴れ。やはり晴れていると気持ちが良い。
最初はヘッドライトももった。
ロードもレースのつもりでちゃんと走り、160くらいで安定するように心がける。

ドライだとやはり下りが少し速くいける。
押さえて入ったのだが、入山峠で51分と設定より速い。

試走している人もちらほらいる。
抜かすときに心拍があがりすぎないように気をつける。
醍醐丸は1時間59分。かなり速くいけている。

いい感じで最後まで走れて、浅間峠は2時間56分。
レースではもう少しおそくてもいいかな。
余裕もあり、当日慌てなければいいタイムがでそう。

とにかくレースで慌てず騒がず、後ろからこようが前にいようが、自分のペースを
守らなければならない。回りに惑わされると絶対だめ。
第1関門から先はバラけてくるのでマイペースでいけるはず。
第1関門までいかにゆっくりいくかがポイントか。

浅間峠からは上川乗におりてバス。
今日は五日市は夜にお祭りのようだが、台風で大丈夫か。

当方も夜行バスで戻るのだが、もうJRもとまりだしているよ。
夜行バスはほとんど運休しないといっているが本当か。

ハセツネ試走2回目

9月17日は、つりにいけないのでハセツネ試走。
御前山まで走って、宮が谷戸に降りる計画。
途中で水が補給できないので3Lにゼリーを8時間分もつ

2時に自宅を出発するときから大雨。
大丈夫か。

4時過ぎに武蔵五日市駅の駐車場に車をいれ、4時40分にスタート地点から開始。
雨が降ってまだ暗い。

すぐ明るくなると思って腰ライトだけにしたが、これが失敗。
霧っぽくなっておりよく見えない。
出だしからコースをロストしまくり。
今日はきっちりタイムを計ろうと思ったのに。

さらにあせってしまって心拍数を上げすぎ。
暗くてよく見えなかったが、あかるくなってきたら170を超えている危険信号。

今日は雨で蒸し暑い。最悪の条件。
それでもタンタンといくが、入山峠が1時間と遅い。
醍醐丸2時間10分をオーバー。
1関門は3時間15分くらい。

全然だめなうえ、ハンガーノックの兆候がではじめる。
とにかく力がはいらない。さらに眠くなってくる。
咽喉が渇いてしかたない。
昨年、一昨年とはまってしまったあり地獄のようなハンガーノック。
おちたら最後、這い上がれない。

ハンガーノックと痙攣はセットでくる。
この波がきたら最後である。

まずは思い切ってペースを落とす。心拍数は150以下。
さらに水を思う存分のんで、ゼリーを食べまくり。
もちろん、御前山まではもう無理。2CPを終点に切り替える。

これで、しばらくおとなしくしていたら徐々に回復してきた。
痙攣の波がくるまえに収まったようだ。

西原峠から復活の兆しか。
前をいくトレラングループ体を風のように抜き去る。
これがサブ10のペースか。
西原峠から三頭山までは40分。いい感じ。三頭山の上りはたいしたことがない
のだが、ハンガーノックの一昨年はこんなに長かったかと思った。

鞘口峠の下りはテンポよく降りられる。
登山者に道を譲りながら17分。
そこから2CPはすぐそこ。
ただ、最後の最後で内股が痙攣。2分くらいとまってしまって、鞘口→2cpは35分。

結局、予定した5時間54分には全然とどかず、6時間12分。
でも後半けっこう巻き返したので前半の失敗がなければけっこういけたはず。

女子トップの桜井選手の言葉、「早く走ったから速かったのでなく、うまく走ったから速い」トレイルは、うまく走らないと全然だめ。レース本番にむけていい練習だった。

時間があったので、都民の森にはいかずに、林道をとおって藤倉に降りた。
最後は能登ウルトラいい練習もできてよかった。

ハセツネ 失速

週末は一年に一度のお祭り。

こうしたレースを走れるのも、スタッフの皆様のおかげです。ありがとうございます。また、雨の予報がでるなか、応援いただきました皆様、ありがとうございます。皆様本当にありがとうございました。

しかしながら、結果は2年連続でオーバーペースによる大失速となった。
これまで、初回12時間18分、2回目10時間48分、3回目9時間55分と順調にタイムアップ。

昨年はサブ9.5を狙ったが、気温が非常に高く、序盤でタイムが出ないことにあせってしまい、心拍数180近くで走ってしまったことにより、1CPで大失速。その後はパワーでず、足は攣りまくりでリタイヤを考えたが何とか12時間以上かかって完走。

今年は、この反省を踏まえ、ベストタイムを出した2009年のパターンを忠実に踏襲。09年は1CPまで心拍数170,3CPまで160,ゴールまで150という結果なので、これを守っていくこととする。
心拍数管理を確実に行うため、ハートレートモニターは左右の腕に2個つけて念を入れる。

水も2.2リットル、補給のタイミング、量も09年を踏襲。

雨かと思ったがスタート時は雨がやんでいた。やや気温が高そうな気がするが、問題なさそう。

13時にスタート。ハートレートモニターを見ながら、タイムは気にせず、170となるように走っていく。

今熊神社19分、入山峠51分、醍醐丸2時間3分と、09年と全く同じタイムと心拍数。かなり落として走っている感じで十分な余裕を感じる。
この時点では絶好調、09年より確実にトレーニングしてきているので、09年は落ちてしまったCP3~ゴールまでのタイムは絶対に短縮できると思った。

しかし、2時間半ではやくも右足が痙攣。好調時は痙攣しそうでもちょっとゆるめると収まるのだが、収まらず。いやな感じである。
CP1は3時間3分。1分ほど09年より落とすがほぼ同じタイム。ただ、だんだん腹が減る感覚がしてくる。CP1の登りで両足が激しく痙攣し、ストップ。

その後も回復せず、さらにパワーが出てこない。これは昨年と全く同じ症状であり、オーバーペースによる失速である。

09年よりトレーニングも積んで、体重も軽く、かつ、同程度の負荷(心拍数)で走ってきたのに、このようなことになるのか、全く理解できない。
著しいペースダウン。ハンガーノックは本当に厳しく、さらに痙攣の二重苦である。

これは昨年に経験済みで、昨年はもっとひどかったが、完走できて本当によかったと思った。なので、今年はリタイヤは絶対に考えない。落ち着いて完走することに切り替える。

しかし、体が動かず、全くスピードが出ず、次々抜かれるのは、本当に堪える。心が折れそうになるが、ここは冷静に。
CP1から西原峠まで、予定より20分もオーバー。タイムは気にしないといい聞かせつつもショックは大きい。

三頭山の登りは、体が好調なら全く気にならないのだが、本当にきつい。
ただ、オーバーペースの状態は徐々に改善してくるはずなので、ここを踏ん張ればと我慢する。

オーバーペースとなった場合、とにかくのどが渇く。さらにジェル系の給食がやたらと甘く感じてしまう。同じくスポーツ飲料もものすごく甘みを感じてしまう。
調子がいいと、水2:スポドリ1くらいの割合が一番うまいのだが、これがめちゃめちゃ甘く感じてしまって、飲むとかえって乾きを誘発する。

スローなリズムで動き続ける。心拍数は120くらいに落ちて、ハイキングペースだ。

CP2は6時間38分。ちょうど水がなくなった。水のみを給水してもらい、淡々と出発。雨が降らないことを祈る。

タイムが出せないとなるとハセツネの場合、ものすごくテンションが落ちる。
今回は、レースらしく走ったのは、たったの3時間。その後はとても長い。
09年のときに戻りたい。

御前山や大ダワなど、調子がよければ気合いを入れる箇所も淡々と通過。
はやくゴールについてビールを飲みたい。心拍数は110まで低下。こうなるとだんだん寒くなってくる。

大岳山からの岩場の下りは雨でとても滑りそう。加えて霧でライトが反射してよく見えない。けがをするととてもばかばかしいので超スローで降りる。

3CP手前の水場は今年はあまり勢いがなかった。
3CPは、9時間54分。サブ12くらいはいけそうである。

ハンガーノックの状態は回復してきたが、痙攣が回復せず。
何度かペースアップを試みるが、足がついてこず。
オーバーペースと痙攣はセットでくる。一度陥ってしまうと回復するにはかなりの時間がかかる。

最後の5キロにきて、やっと足が復調してきた。
最後くらいは飛ばそうと、ペースアップ。金比羅尾根の最後の橋では、来年の雪辱を誓う。

ゴールは11時間32分だった。

今回は、事前の計画通り進めたのだが、うまくいかなかった。2年前のデータは役に立たないということか。それより進化していると思ったのだが、もしかして老化の影響か。

とにかく、2年連続でレースにならずに、本当に悔しい。
この悔しさは、まら来年に挑戦してはらすしかない。

さらに、ボートのエンジンがまだ直らない。
いったいいつになったら修理が終わるのか、金額がいくらまでいくのか。
どうも気分がのらないことばかり。底から早く脱出したい。
プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。