スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士登山競走 ガツンと3時間半切

7月27日は富士登山競走。
いい天気で暑かった。

目標3時間半に対して、3時間28分53秒で目標達成。
やはり目標に届くととにかくうれしい。
ゴールでは久しぶりにガツンときた。けっこう大声をだしてしまった。
まあ、みんな声でしてるからいいか。

駐車場には余裕をもってついたのだが、シャトルバスの数がすくないのかやたら待った。歩いてもいいのだが、余計な体力を消耗しそうでバスをまつ。
会場到着は6時半。けっこうバタバタだった。なのでアップなし。

スタートはAグループなので、問題なし。
一番後ろだが、前は300人くらいか余裕。

7時スタート。後ろからのスタートなのでけっこうゆっくり。
前からでると弾き飛ばされそうになるがそれもなし。
これはよかった。今後はこのパターンでいこう。

苦手のロードの上り。
スピードは気にせず心拍数だけに着目。
170くらいで。

今日は予想通りとても暑い。
ボトルをもって走ってよかった。
ちびちび補給。

中の茶屋は36分。相変わらず遅いが気にしない。
馬返しは1時間。やはりロードはおそい。ここからここから。

だいたいトレイルに入ると抜かし基調になる。
ただ、心拍をあげないように注意していく。
5合目は1時間48分。ベストタイムは1時間46分だが、体の余裕度が違う。
足も快調。

五合目から得意の区間だ。どんどんいく。心拍数は175平均くらいか。
あまりあげすぎるとつぶれてしまうのが怖い。足は平気。
これもトレーニングの成果。
7合目の岩場も全く問題なし。心拍はあがっているが体、足とも余裕あり。

ほとんどが抜かし基調。速度はよくわからないが、回りより早いことは間違いなし。
8合目は3時間をきりたかったが、3時間3分。
過去2回27分であがっているので、少しのがんばりで30分を切れる。

さすがにちょっとてんぱってきた。
8.5合目で内股が痙攣。やばい。痙攣すると大幅にタイムを落とす。
ここは超気合をいれて乗り切る。なりふりかまわず蟹股でかにのように
進む。
しばらくすると治まった。

けっこうふらふらする。
スピードは出てるのかよくわからないが、抜き基調。
ナンバー100番台の人はそれなりに早いはずなので、速度は出ていると判断する。

さすがに顔がゆがんでいるのがよくわかる。鬼のような形相か。
顔をあげるといつの間にかゴールがすぐそこ。
時計をみるとまだ25分。いける。
最後はラストスパート。
でもふらふらであちこちにぶつかる。
奇声をあげつつゴールラインを超えた。

やはり狙ったタイムがでるとレースは楽しい。
ゴール後は、腹筋が攣ってしまってしばらくうずくまっていた。

ロードでのスピードはでないが、山の上りはかなりのペースを維持できるようになってきた。山向きの足ができている。
下りも以前は5合目まで1時間半くらいかかったのだが、今日はゆっくりいって1時間。レースのあとでも問題なし。

ハセツネも楽しみだ。
スポンサーサイト

第64回 富士登山競走

22日は富士登山競走。

スタート前にちょっとアップをすると体が重く、息がゼエゼエする。
明らかに調子が悪い。

7時にAブロックからスタート。
出だしのロードはもっとも不得意なところだ。それでもスタート直後なのでパワーがあるので、例年だとペースがあがりすぎるのを抑えるのに苦労するのだが、今年はぜんぜん走れない。

明らかに周りよりペースが激遅い。次々抜かれる。
非常に苦しい。心拍をみると昨年より10ほど低いのだが。体が重すぎる!
今日は涼しく絶好のコンディションなのに。

下を向いてゼエゼエいいながらのぼっていくと、周りにAブロックの選手はひとりもいなくなり、後続スタートのBブロック、さらにはCブロックの選手にも次々抜かれる。全員に抜かれるかと思った。

中の茶屋は38分後半、昨年より4分も遅い。さらにトイレ(小)にもいく。
レースの途中でトイレにいくのは、調子の悪いときの証。

3.5切りどころではなく、テンションが切れそうになるが、なでしこジャパンの澤の同点ゴールを思い浮かべ、あきらめない。

勾配が急になってくると、体も少々落ち着いてきた。
馬返しに1時間3分。昨年より落としているが、ずるずる落ちていないことに一安心。

ここからは、トレイル。ここからだ。
登りのトレイルでペースアップし、抜かれまくった選手を抜き返す。
昨年より心拍で10くらい低く、あげると苦しくなるが、ペースは悪くない。

五合目で1時間53分。ちょっと盛り返してきたか。
登山道の登りも一定ペースであがっていく。次々と抜く。
7合目からの岩場は抜きにくくなるがここは少々体を休める。

8合目、3時間12分。昨年より1分遅いが、だいぶ盛り返してきている。
自己ベストを目標にがんばるが、さすがにペースが落ちてくる。
9合目を過ぎると、かってないほど体がふらふらする。

最後は、自己との戦い。タイムも心拍も見ずにラストスパート(ただもがいているだけ)。

ゴールタイムは、3時間40分29秒。自己ベストも40分も切れず大変残念。

今日の収穫は途中で切れなかったことか。最近はこれがテーマだ。
とにかく体が重すぎ。
レース後、サウナに入ったあと体重を量るとなんと74.5キロ。スタート前はいったい何キロだったんだろう。ちなみに、昨年はスタート前70キロ。

減量しないと結果はでない。これからは禁ビールだと誓いつつ、打ち上げは地元で飲み放題。これではいかん。

山梨日日新聞のWEBサイトに載っていた。

富士登山競走の様子を伝える地元新聞のWEBサイトに載っていた。
動画の部分の15秒から19秒の間、青いキャップに青と白のサイクルジャージ、下は黒のユニクロのハーフスパッツで、パックで上っている。

このあたりは5合目の手前のはず。
パックで黙々と上っている。

こうして動画で見ると面白いものですね。
ただハイキングをしているように見えるけど、このペースでも富士吉田市役所から山頂まで3時間半ちょっとでいけるのだ。


また、来年も富士登山競走に出たい。次こそサブ3.5

http://www.sannichi.co.jp/local/news/2010/07/23/21.html

富士登山競走

最高の天気のなか富士登山競走に出場した。
昨年は、悪天候で5合目で打ち切り。完全に不完全燃焼だった。

今年はエントリーを多くし、山頂コースは過去の完走者や5合目までのタイムによる選考があった。一見さんお断りのレースである。
さらにスタート順は過去の実績順である。

幸い私は昨年の5合目のタイムがまあまあだったので、前列スタートであった。

いつも思うのだが、吉田市市役所からみる富士山は圧倒的に高い。
本当にあそこまでいけるのかと思ってしまう。3000メートル一気のぼりである。

7時にスタート。前列スタートはいいが、押されてこけそうになった。こけたら、非常に危ないところだった。

一応目標は3時間半切りだが、予想は3時間34分とした。
最初は嫌いなロードののぼりである。とにかく心拍数が180を超えないようにタンタンと走っていく。

結構遅くて、抜かれ基調。ここはがまん。
中の茶屋は36分、昨年より1分落としているが、抑えているので当たり前。

馬返しは1時間で昨年より2分落とし。ここでロード終了。かなり抑えて走れた感じ。いつもはこの時間帯で調子があがってしまい抑えられないことが多いのだが。

タイムより心拍数をみてあげないようにあげないようにいく。
やはりこれまではあげすぎだったようだ。

5合目は1時間51分。昨年より5分落としだが、体は元気。ここから勝負。

火山灰ののぼり、岩場ののぼりを一定のペースであがっていく。
ここから抜き基調。ラインを選んでまとめて抜いていく。

足の痙攣は、痙攣しそうなのだが、力のいれどころを変えて抑えられる。
調子のいいときのパターンだ。痙攣してとまってしまうということはなく、スピードも十分に出ている。

抜いていくレースは楽しい。いつもは後半で痙攣してしまってだめなのだが、今日はいけそうだ。

八合目、3時間10分。30分きりは難しそう。痙攣の兆候はふくらはぎからふとももに移ってくる。ゴールまでもってほしい。

最後は結構あげて、ゴール。3時間38分だった。
ゴール後、倒れそうになった。久しぶりに最後結構追い込めた。

タイムはこんなもんかと思うが、今年はダメダメレースが続いていたので今日はよかった。

ゴール後直ぐに下山を開始。
富士登山競走はゴールしてからが長い。
5合目まで徒歩で下山し90分。五合目から吉田市市役所までバスで50分。市役所からまた駐車場までバス。なんだかんで、駐車場に戻れたのは14時前。

レースの後は、釣りだ。明日は気分よく爆釣りするつもりだ。

富士登山競走 消化不良

天候には勝てません。
今年は5合目打ち切りでした。

またまた目標時間ぴたりの1時間46分でした。
このところ、目標をたてるとほとんど狂わない。
この調子でハセツネはサブ10を達成したいところ。

五合目ゴールなので力を使い切るつもりで走りたかったが、そのような短時間で集中してパワーを出すことができなかった。どうも短い時間のレースは苦手だ。

5合目でやっと調子がでてきたと思ったら終了。これから面白くなるのに。山走って2時間未満しか走れないとは完全な消化不良だ。もっとも、本当に速い人はその時間内で爆発するのだろうが。

5合目で余力もあったので、あがれれば3時間40分は切れただろうな。
まあ、来年は、サブ3.5を達成しよう。

詳細は、HPに記載した。
http://www.geocities.jp/hazshun/framepage1.html

プロフィール

駿洋

Author:駿洋
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。